基本からダイエットレシピまで!目的別オートミールクッキーのレシピ6選。

『オートミール』と言えば、ビタミン・ミネラルが豊富で栄養価が高く、美容と健康に優れた食材として有名ですね。
食物繊維は精白米の20倍とも言われており、整腸作用もある事から、ダイエット食としても取り入れられています。

そんなオートミールですが、日本では食べやすく調理する習慣がまだまだ浸透しておらず、食べ方で迷う事もしばしば。
そんな時、簡単に美味しく取り入れられるのが、オートミールクッキーです。

今回は、基本のオートミールクッキーレシピから、オーブンなしでも作れる簡単レシピや、ダイエットにぴったりのレシピを6つご紹介します。

オートミールは、近年スーパー等でも手軽に買えるようになったので、このレシピを参考にすれば、すぐにでもチャレンジできますよ!

オートミールクッキーの基本レシピ

まずは基本のオートミールクッキーから。
材料はオートミール、卵、ピーナッツバターの3つだけ。
作り方も混ぜるだけの簡単レシピなので、初心者でも簡単に作れます。
基本ができたら、レーズンやくるみ等を加えてアレンジするのもおすすめです。

オートミールクッキーの目的別レシピ

■オートミールクッキーの簡単レシピ4選。

オートミールクッキーは、オーバーナイトオーツやオートミール粥のように、オートミールを柔らかく調理する手間がなくそのまま使えるので、基本的に混ぜて短時間加熱するだけ。
加熱方法もオーブンだけでなく、もっと手軽に調理する事も可能です。
オートミールクッキーが初めての方も、ぜひこのレシピからチャレンジしてみてください!

【トースターで簡単!オートミールクッキー】ザクザク食感が美味しいのに混ぜるだけ

まずはオーブンを使わない、トースターで簡単に作れるオートミールクッキーのレシピをご紹介します。
クッキー生地を薄めにすれば、トースターでも充分に中まで火が通ります。
トースターで焼くとしっかり焼き色もつくので、より香ばしいクッキーに仕上がりますよ!
高温で焼くオートミールクッキー独特の“ザクザク感”もお楽しみください。

 

【レンジで簡単 バナナとピスタチオのオートミールクッキー】

市販されているオートミールはそのほとんどが加熱処理済みなので、その他の具材に火を通すだけで簡単にザクザク食感のクッキーになります。 そのため、レンジを使って短時間で調理する事も可能。 混ぜてレンジで加熱するだけなので、時間が無い時にも便利な調理方法です。 火を使わないので、お子さんと一緒に作るのもおすすめですよ!

フライパンでできるココアオートミールクッキー

フライパンで焼くパンがブームとなりましたが、同じ要領でクッキーも作れます。 特にオートミールを使ったクッキーは、オートミールがすでに加熱処理されているので、火を通す時間も短く簡単。 いつも使っているフライパンで、お料理のついでに作れます☆ 火が強いと焦げやすくなるので、火加減はしっかり調節してくださいね。

【バナナ】

ピーナツバターの代わりにバナナを使った、材料少なめの簡単レシピです。 完熟したバナナを使えば、その甘味だけでも充分に美味しいクッキーに仕上がります。 バナナのしっとり感とオートミールのザクザク感が合わさって、食べ応えも満点! バナナは栄養価も高いので、美容と健康にもいいおやつになりますよ。

■ダイエットに最適なオートミールクッキーのレシピ2選

オートミールは食物繊維が豊富で低GI、低糖質なので、ダイエット食としても抜群の食材です。 また、ザクザクした食感で咀嚼感も得られ、ダイエット時のストレスも軽減してくれます。 そんなオートミールを、さらに美味しくダイエットに最適なクッキーにしたレシピのご紹介です。 たくさん作って、ダイエット時の作り置きおやつとして常備しておくと便利ですよ。

【おからパウダーと抹茶のオートミールクッキー】食物繊維たっぷりのソフトクッキー

オートミールと、食物繊維たっぷりのおからを使ったクッキーです。 ソフトクッキーなので食べやすく、甘さ控えめで食べ過ぎも防止してくれます。 食べ応えはあるけど罪悪感なく食べられるので、どうしても口寂しい時のために常備しておきましょう!

【ココナッツのオートミールクッキー】サクサク食感とココナッツの香り

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸は体内に蓄積しにくく、効率的に分解、燃焼されるため、ダイエットに最適な食材です。 その他美容と健康に役立つ、栄養素たっぷりのココナッツとオートミールを組み合わせた、ココナッツのオートミールクッキーです。 ココナッツは火を通すとサクサクの食感になるため、オートミールと合わせてとっても噛み応えのあるクッキーになりますよ。

オートミールクッキー作りの参考に!
本格派オートミールクッキー「FruOats(フルオーツ)」の紹介

オートミールに含まれる食物繊維は、一般的に食物繊維が豊富と言われている玄米に比べ3倍以上と言われています。 生活習慣病予防の観点から、成人に必要な一日の食物繊維量は24g。 玄米を始め、その他食物繊維が豊富と言われている食材でも、なかなかその量を摂取するのは至難の業です。 そこで、食物繊維が豊富で手軽に食べられるオートミールクッキーがとっても役立ちます。また、オートミールの食物繊維は水溶性と不溶性の両方をバランスよく含んでいるため、整腸作用も期待できますよ。

ヘルシーと美味しさを両立させるために食物繊維をたっぷり配合し、通常使用される素材を使わずに美味しく作ることは至難の業です。世界大会優勝経験のあるシェフに監修をいただき、何十回もの試作を経て、オートミールクッキー「FruOats(フルオーツ)」は開発されました。

美味しくて食べ応えもあり、1日の食物繊維を手軽に摂取できるオートミールクッキーを、ぜひ日常のおやつに取り入れてみてください☆

kinako

独学でお菓子作りの技術を習得し、現在オンラインショップ『焼き菓子工房CUIRE』を運営し、焼き菓子を中心に通信販売を行っています。
また、ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて、レシピを中心にお菓子にまつわる研究を公開しています。
CUIREは「甘くて美味しいお菓子は世界を救う」をスローガンに、たくさんの人が幸せになるようなお菓子作りを目指しています。
そんなお菓子作りを、ぜひこのシェアレピで皆さんと共有できたら嬉しいです。

関連記事